ウクレレ種類・選び方・買い方

ハワイアンミュージックを演奏し始めて20年。それでもウクレレ選びはとても難しいです。周りにウクレレ友達がたくさんいるのなら、色々試させてもらってアドバイスなどを貰うのが良いのですが、それ以外の意見も聞いてみたいもの。

この間マネーボールという映画を観ました。
こ の映画では、すべての選手を数学的に分析して、能力が年棒に見合っているかどうかのデータベースを作成、活用するものです。そして低コストでパフォーマンスの高い選手を獲得、チーム作りをする、という手法なのですが、ウクレレにも同じことが言えるのではないかと思います。

まずは個人的見解を簡単にご案内します。
コストパフォーマンスの高いウクレレメーカーは、今僕が理解しているなかでは3種類。
下記で順番に紹介させてください。プライスレンジは5000円コース、10000円コース、15000円コースです。

ウクレレの種類と選び方、買い方

5000円コース Ala Moana(アラモアナ)

メ イドインチャイナ。低価格ブランド。他の低価格ブランド(ウクレレメーカーの事を悪く言いたくないので、名は伏せます)によくありがちな、ピッチが合わな いという事例がほとんどなく、ボディの鳴りもしっかりとしています。詳しく言うと、チューニングをしっかり合わせても、コードを引くと音がずれているとい う現象。これがあると、楽器として使い物になりません。お土産のインテリア用ウクレレ(チューニングを合わせても、上の方ではずれていますので、とても弾 ける代物ではありません)もたくさん作られていますので、その影響もあるのかもしれませんが。
本当は安物こそ店に行って選ばないと、この音ずれ現象が起きているウクレレを判断できませんが、Ala Moanaだったら大丈夫。

ウクレレという楽器の特性上、10万円クラスのウクレレでも、チューニングを完璧に合わせるということはできないのですが。そこがウクレレの独特なコロコロ感とした音色の秘訣なので、かまわないのです。

僕はウクレレは4本持っています。そのうちの一本が、Ala Moanaの4000円ウクレレです。
湿度調整をしっかりと行って、じっくりと育てていけば、2年目からはとても甘い音色に育ちます。

他の価格が高いブランドに比べ、弦が柔らかく、とても弾きやすいので、いまだに家ではファーストウクレレとして活躍しています。ちょっとくらい傷がついても愛着が とてもありますので、手放す気になれません。コストパフォーマンスはとても良いので、他の一般的なウクレレに対して、12000円くらいのクラスに対抗で きるコスト対価を発揮しています。

ちなみにAlamoanaは有名なショッピングセンターの名前ですが、Ala=道 Moana=海という意味です。中国ブランドなのでネーミングセンスなし???だけれど、このウクレレに出会っていなければたぶん死んでいました。

10000円コース Lanikai(ラニカイ)

Lanikaiウクレレは、アメリカのホーナー社(ハーモニカが有名?)が楽器工場を契約をして作らせています。
以前はアメリカで作られていたのですが、エントリーモデルから中間モデルまでは徐々に中国にシフトしています。

ではなぜラニカイウクレレのコストパフォーマンスが高いのか?
兄弟ブランドにKALAというブランドがあります。
カラは、ラニカイウクレレのメーカーが自社ブランドとしてウクレレ販売を始めたブランドで、中身はラニカイと一緒です。

ハワイのプロにとても愛されているブランドです。ではハワイのプロがなぜ好きなのか?
このメーカーは、ピックアップ(音を電気的に拾う装置)を装備させたモデルをたくさん発表。しかも他のピックアップを装備したモデルと比べ、とても安かったのです。
カラは学生相手に買ってもらうために、ハワイやアメリカ西海岸での販売に力を注ぎました。

ローカルハワイアンと音楽は切っても切れない関係です。
彼らは週末にはバーベキューをします。そしてウクレレを手に、みんなでカニカピラ(ジャムセッション)をするのです。一家に必ず一人は歌と楽器が上手な人がいます。
そんな彼らがレストランに行かず、バーベキューをするのは、やはり低所得な世帯が多いからだと思いますが、その低所得のニーズにカラのブランドがマッチしました。

安 い、かつステージのパフォーマンスにも耐えるウクレレ。そんなローカルハワイアンは、プロデビューした後も、愛着のあるカラウクレレの高級モデルを買いま す。カラはブランド戦略に成功 した例ですので、値段が上がっています。日本でも人気急上昇です。ショッピングサイトでウクレレと入力すると、検索候補の上の方に現れます。

カラは高いので、じゃあ全く同じで、ロゴマークが違うだけのラニカイ。ブランド戦略に乗り遅れたので、今は安いラニカイウクレレは、とてもコストパフォーマンスが高いです。

自分が持っているウクレレを褒める訳ではないですが、僕もラニカイウクレレを持っています。ステージでは必ずこれを使います。

ちなみに、ラニカイとは、オアフ・ウインドワードサイドにある、天国のビーチを呼ばれるビーチの名前です。
Lani=heaven Kai=oceanという意味です。これがないと死んじゃうウクレレのひとつです。

20000円コース Ibanez(アイバニーズ)

ギ ター少年には有名な星野楽器。もともとは輸出用ギター製作を手がけていたメーカーが、日本に帰ってくる形で火がついたブランドが、ウクレレの制作も開始。 一時はウクレレから撤退したこともあるので、いつまで供給が続くか、また撤退する前に、あと2本くらい買っておこうかと僕も考えています。

このメーカーが優れているのは、ウクレレにピックアップだけでなく、オンボードチューナー(楽器についている液晶を使ってチューニングできる)が搭載されていること。いちいち別個でチューナーを持ち歩く必要がないので、便利この上なし。

クオリティは、生音は中の上。PA(音響システム)につなげると上の下。ステージにて最適なパフォーマンスを発揮する。比較できる同等なウクレレが少ないので、いくらくらいのコスト、と断言できません。
さて、音色はとても甘し。Gストリングのウクレレ(8万円〜30万円)を弾いたことがあるのですが、これに近いと思いました。ただ音の大きさがGストリングよりも小さい。
このウクレレは、海外の方が高いので、国内で購入するのが良い。これこそなければ死んじゃいます。

人のウクレレ探すのは本当に楽しいです。参考にして、別のを選んでもぜんぜん構いません。何かありましたらコメントください。mahalo nui.

質問などありましたらコメントくださいね mahalo

  1. こんばんは。
    とても分かりやすく説明してくださり、ありがとうございます。幼い二児の母ですが、プレイグラウンドの先生に勧められてウクレレに挑戦中です!アラモアナのウクレレ2000円で購入しました!初めはチューニングしてもらってやってましたが、なんとなく分かってきた今は自分で適当にチューニングしてます!たぶん、合ってる、、はずです(^_^;)
    ハワイも大好きだし、素人ですが音楽が大好きです。
    上の返信を読ませていただきました。ハワイに行くことがあれば是非買って帰りたいです!
    まだいまのところ、まともに弾ける曲はありませんが、簡単な楽譜を借りて島ん人ぬ宝を練習中です。
    ネットではどれもギターのコードばかりなのですが、洋楽邦楽でウクレレのコードが分かるサイトなど知っていれば教えていただきたいです。

    • よかったですね!練習はあまり頑張らないで。好きな曲を楽しみながら演奏するのがいいですね。
      コードのお勧めはここですね
      http://ukulele.j-total.net/cd_book.html
      コードたくさん出ていて、ついでに同じサイトでいろいろな歌を探せます。

  2. Aloha!コメントありがとうございます。
    ハワイにお住まいなんですね!ウクレレ仲間がいるのは楽しいですよね。そのローカルの方達はどんなウクレレを弾いていますか?自分だったらひととおり試し弾きさせてもらって、一番気に入ったものにすると思います。
    一万円以下でも、メンテナンス次第で4万円台のものに匹敵するコストパフォーマンスのものもありますし、逆に4万円のものを買っても、あまり鳴らないウクレレもあったりするので、人のを弾かせてもらってインスピレーションで選ぶのが良いと思うんですよね。ただ、チューニングが合うものにすることです。
    自分がハワイから引っ越してだいぶん年数が経つので、まだ営業しているかわかりませんが、パールシティーの先、アイエアのあたりに「Music Mac」という、体育館まるごと楽器屋、とっても大きなお店があります。そこにウクレレ仲間と一緒に行って選んでみては?またはホノルルならばワードセンターの近くにEasy Musicというお店もあります。自分はEasy Musicで20ドルのウクレレを買って失敗しました。チューニング合いませんでした。

    • Uluさん、早速のアドバイスありがとうございます。やっぱり、いろいろ弾いてみて、選ぶのがよさそうですね。

  3. ギター半年経験者です。 
    半年でハワイアンの曲を10曲ほどコード引きで覚えたところです。
    ハワイに住んでいて、ローカルのご年配の方たちと週一回セッションするので、
    だんだんウクレレに興味が惹かれています。
    最初に選ぶウクレレは、どういうものがいいのか悩んでいます。 
    はじめから、4,5万円以上のものを買うのがいいのか、
    とりあえず、1万円以下のでいいのか。
    音が良くて、愛着のある一本がいいに決まっているのですが、
    どうやってみつけていくものなんでしょうか。