↑ Return to ウクレレの弾き方

ウクレレチューニング

ウクレレのチューニングって、一番最初に覚えないといけないわりには結構ハードルが高い。誰かに教えてもらわないとこの時点で挫折する。うまいこと説明できるように頑張って書きますのでしばらくお付き合いください。

スタンダードチューニング:

右利きの人が構えて上から見て G C E A にチューニングします。

チューニングとは、いわゆる「調弦」で6本の弦をそれぞれ決められた音程に合わせる作業です。 ギターのもっとも一般的なチューニングを『レギュラー・チューニング』と呼びます。 まずはこのチューング&音程を覚えてしまいましょう。 『ギターを弾く前に必ずチューニングするクセを付けましょう!!
   ※弦は糸巻の内側にまわり込むように巻く

■ レギュラーチューニングの開放弦の音   開放弦とは、どこも押さえない弦のことです。   弦をクリックすると音が出ます。正しい音程を耳でも覚えるようにして下さい!

“チューナー”とは、「チューニング・メーター」と呼ばれるチューニング用の機械です。       内蔵マイクやギターのジャックからの信号を感知して機械が正確な音程を示してくれる便利な道具です。       価格は2千円~1万5千円くらいで、感度など性能に差はありますが機能はほとんど変わりません。       半音刻みでチューニングできる“クロマチック・チューナー”と、レギュラー・チューニングのみを合わせるシンプルなものがありますが、初心者の人は気にしなくて良いでしょう。のちのち、「半音下げ       チューニング」や「色々なチューニング」もやってみたいと思う人は“クロマチック・チューナー”の方を購入しておくと良いと思います。どちらにしても、ギターの正しい音程がわからない初心者の方には“チューナー”でのチューニングがお薦めです。

■ チューニングの手順

【1】
チューナーのInputとギターのジャックをシールドでつないでチューナーの電源を入れる。
【2】
6弦からチューニングしてみる。6弦の開放弦のみを弾いてチューナーがE音(ミ)を示すことを確認する。※マニュアル式のチューナーならばスイッチで選択
【3】
メーターが真ん中を示すようにペグを回してチューニング(調整)する! 

 

【4】
5弦のみを弾いてチューナーがA音(ラ)を示すことを確認する        → 【3】の要領でチューニングする
【5】
4弦のみを弾いてチューナーがD音(レ)を示すことを確認する        → 【3】の要領でチューニングする
【6】
3弦のみを弾いてチューナーがG音(ソ)を示すことを確認する        → 【3】の要領でチューニングする
【7】
2弦のみを弾いてチューナーがB音(シ)を示すことを確認する        → 【3】の要領でチューニングする
【8】
1弦のみを弾いてチューナーがE音(ミ) を示すことを確認する        → 【3】の要領でチューニングする
一通りチューニングを終えた後、必ずもう一度6~1弦まで同じ手順でチェックしなおすようにしましょう。 ネックと弦の張力の関係で各弦とも少しづつ音程が狂いますのですべての弦が安定するまで何度かこの作業を繰り返すのがコツです。
ドレミでチューニングを確認しよう!
ひと通りチューニングを終えたら、慣れ親しんだ「ドレミ」・・・の音階で自分のチューニングが        間違っていないか確認してみましょう。 押さえる場所(フレット)と弾く弦を覚えてしまいましょう。       詳しくは下図を参考にゆっくりと弾いてみて下さい。
ギターだけでチューニング
チューナーを使わずにチューニングする方法にチャレンジしてみましょう。 ギターには「異なる弦同じ音(音程)」になる場所(フレット)=異弦同音が複数できるので、それを利用してチューニングするわけです。       最近ではプロを目指している方でもチューナー無しでチューニングできない方が増えています。 ギター2本(2人)のみのセッションなどでは、チューナーを使わずにギター同志でチューニングしてしまうことも多いので、「いざという時」に困らないように覚えておきましょう。

 

 

チューニングは、ギターを弾く前に必ずしなければならないことです。 その方法にはいくつかありますが、ここではチューナーを使ったやり方と、音叉(おんさ)を用いるやり方を解説したいと思います。

Jギターから拝借

ギターのチューニングとは?

ギターは6本の弦から成る弦楽器です。ギターをチューニングするということは、この6本の弦を1本ずつ、個別に正しい音程へ合わせていく作業のことです。ペグを締めると弦の張りが強くなり、音が高くなります。ペグを緩めると弦の張りが弱くなり、音が低くなります。

下図のように、6弦→5弦→4弦→3弦→2弦→1弦の順番で音を合わせていきます。弦を交換したばかりの時は、チューニングが不安定になりますので、何度か6弦→・・・→1弦の順番でチューニングを繰り返すことで次第に安定してきます。

ギターのチューニングとは?

チューナーを使ったチューニング方法

ギター用のチューナーは、マイクで拾った音(またはシールドでつないで鳴らした音)を測定し、正しい音程とのズレを測定するものです。正しい音程とギターの音のズレをメーターの針の振れ方で示すタイプと、ライトの点灯で示すタイプがあります。

写真は、BOSS(Roland社)のTU-8という機種です。メーター針が真ん中より右側に振れている場合は、ギターの音が目標の音程より高いことを示します。逆に真ん中より左側に振れている場合は、ギターの音が目標より低いということになります。

アコースティックギターの場合 ギターのサウンドホールをチューナーのマイクに近づけ、1弦ずつ鳴らして、ペグで音の高さを調節します。
エレキギター/エレアコの場合 ギターのアウトプット・ジャックにシールドを差し込み、片側をチューナーのインプット側のジャックに差し込みます。
 

音叉(おんさ)を使ったチューニング方法

音叉とは、Uの字の部分を机の角等に軽く叩き付けて振動させ、A(ラ)の音を鳴らすことが出来るものです。写真のように、ギターのボディに音叉の玉の部分を当てることでA(ラ)の音が共鳴します。

その音を聞きながら、同時に5弦の音を鳴らし、自分の耳で確かめながらペグを回してチューニングしていきます(ワンワン~とうねる音がなくなるポイントを探します)。5弦が合ったら、下記の要領で他の弦も合わせていきます。

1.音叉のA(ラ)の音を鳴らし、同時に5弦の開放を鳴らし、5弦を合わせる。 2.5弦の5フレットを押さえて鳴らし、同時に4弦の開放を鳴らし、4弦を合わせる。 3.4弦の5フレットを押さえて鳴らし、同時に3弦の開放を鳴らし、3弦を合わせる。 4.3弦の4フレットを押さえて鳴らし、同時に2弦の開放を鳴らし、2弦を合わせる。 5.2弦の5フレットを押さえて鳴らし、同時に1弦の開放を鳴らし、1弦を合わせる。 6.6弦の5フレットを押さえて鳴らし、同時に5弦の開放を鳴らし、6弦を合わせる。

音叉でのチューニングは、自分の耳が頼りになりますので、初心者にはやや難しいかもしれません。しかし、自分の耳でチューニングするということは、音感を鍛えるのと同時に、音楽やギターの基本を理解することにもつながります。チューナーだけに頼らず、音叉のチューニング方法も身につけておきたいですね。

ちょこっとコラム チューニングのコツ

チューニングをする時は、音の低い状態から、正しい音程へ合わせるようにしましょう。つまり、チューナーを使う場合は、針が左に振れている状態から、真ん中になるところまでペグを締めていく感じです。そうすることで、弦が多少緩みにくくなり、狂いにくい状態にすることができます。

それにしても、ギターという楽器は、実はかなり不完全な楽器です。 ピアノは一度チューニング(調律)すれば、そうそう簡単に狂うことはありませんが、ギターの場合は、他の楽器と比べ、かなりチューニングが狂いやすいのです。ですので、できるだけこまめにチューニングする必要があります。

 

アメリカンチューニング

<iframe title=”GCEA Guitar Tuner” style=”clear:both” src=”http://www.gtdb.org/tuners_embed/gcea/index.php” width=”900px” height=”180px” frameborder=”0″ scrolling=”no”></iframe>

<iframe title=”GCEA Guitar Tuner” style=”clear:both” src=”http://www.gtdb.org/tuners_small_embed/gcea/index.php” width=”540px” height=”116px” frameborder=”0″ scrolling=”no”></iframe>

ソプラノ、コンサート、テナーは、一般に低音から高音へ順に、G-C-E-A にチューニングされるが、実はG弦は一オクターブ高く調弦されるために、その音程はE弦とA弦の中間に位置する。このためダウンストローク、アップスト ローク共に高音弦から入ることとなり、コード演奏時には独特の軽やかな響きが生まれる。

ソロ演奏においては音域の狭さをカバーするためにGを1オクターブ下げたLow-Gというチューニングも多用される。

バリトンについては、ギターの高音側4弦と同様に D-G-B-E にチューニングされることが多い。

かつてアメリカ合衆国では、現在よりも1音高いA-D-F#-B(アメリカンチューニング)が標準とされた。このチューニングは同国内では現在もしばしば使われることがある。

 

英語では、このウクレレの チューニング方法をアメリカンチューニングと言います。アメリカ本土で発明されました。最初に作った方は、ボディーの大きさと長さからかんがみて、ウクレ レチューニングで張ろうとすると、テンションがかかりすて切れてしまうので、アメリカンチューニングを採用しました。

 

チューニング 新品の弦はゆるんでいる ぜったいにゆるめてはいけない

弦を巻いているペグというものを回して音の高さを調整します。 弦を巻き上げると G C E Aに合わせます。 チューニングが合わない楽器なのである。

は、基礎の基礎です。 がんばって覚えてください。

す なわち、ギターを弾けなくて挫折した「アカンタレ」な人も、ウクレレなら弾けるというわけです。例えば、Cのコードを押さえるとして、ギターなら指三本必 要ですが、ウクレレなら1本。ギターを始めようとして挫折する理由のNo.1であるFのコードに関しても、ウクレレなら指2本でできます。ちなみにAmも 指1本です。ということで、不器用な人も、集中力の無い人も「どうせできっこねぇよ」と諦めずにチャレンジしてみましょう。

弦が通常4本で、通常はすべてナイロン弦(クラシックギターの高い方3本の弦と同じ)です。弦は透明だったり黒かったりします。専門書には、その音の違いが解説されたりしてますが、私の経験ではその音の違いはわかりません。

奏法は、通常左手で弦を押さえ、右手で弾きます。右手は指で弾いたり、ピックで弾いた りします。ただし、ピッキングやストロークについては後述します。

質問などありましたらコメントくださいね mahalo